読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部長の実験室

作ってみた系の記事を多く書いてます!ゆっくりしていってね!

塗装ブース(グローブボックス)作ってみた!

100円 アトラク=ナクア アトラク プラモデル 作ってみた! 作ってみた 工作 段ボール 自作 部長の実験室 グローブボックス

みなさんどうもおひさしぶりです、アトラク=ナクアです。

 

高層ビル群の立ち並ぶ都市をシリアスなBGM聴きながら歩いてると打倒巨悪に出向いてる感あって厨二病が再発しました。妄想超楽しい。

 

今回は、前回島風のフィギュアを作って室内でも塗装できるように簡易塗装ブースを作ろうと思います。

正式名はグローブボックスとかいうらしいですね。

 

一応便利そうなの売ってはいますが私はお金を極力節約しなければならないので似た構造で自作しようと思います。

 

材料

プラ板

ファイル整理用の箱

ゴム手袋

f:id:atosha:20170304010128j:plain

 

作り方も簡単!さっそくやっていきましょう!

 

まずファイル整理用の箱ですが、こいつを縦に真っ二つに分断し、直径10cmの穴を開けます。

f:id:atosha:20170304010458j:plain

 

f:id:atosha:20170304010541j:plain

 

そうしたら、底と背面と各辺の大きさに合わせて切ったプラ板を先程の箱と合体させます。

f:id:atosha:20170304010626j:plain

 

f:id:atosha:20170304010728j:plain

 

f:id:atosha:20170304010805j:plain

 

次に、透明なプラ板を窓として、窓を取り付けるためのガイドレールを別のプラ板を加工して作ります。なるべく密閉に近くなるようにここはちゃんとつくります。

f:id:atosha:20170304010841j:plain

 

f:id:atosha:20170304010922j:plain

 

f:id:atosha:20170304010958j:plain

 

f:id:atosha:20170304011058j:plain

 

 

これで窓の開閉ができるようになりました。

 

プラ板を二つ、ドーナツ型に切り出します。外径14cm内径10cmです。

f:id:atosha:20170304011149j:plain

 

これに、Lサイズのゴム手袋の袖の部分を裏返すようにして引っ掛け、箱の穴にはめ、接着剤でゴム手袋の部分のみ固定します。

f:id:atosha:20170304011234j:plain

 

f:id:atosha:20170304011313j:plain

f:id:atosha:20170304011420j:plain

 

f:id:atosha:20170304011507j:plain

 

内側に入ったドーナツ型のプラ板は接着されておらず、引っ掛けてある状態です。

 

こうすることでゴム手袋がダメになってもメンテナンスが簡単になります。

 

最後に、背面にファンが取り付けられるくらいの穴を開け、電源と一緒に設置して完成です。

f:id:atosha:20170304011606j:plain

 

使用時にフィルターをファンの押さえに挟めば、(グローブボックスの)窓を開けることなく換気ができます。

f:id:atosha:20170304011708j:plain

 

はい、というわけでグローブボックスの完成ーーー!

 

これはなかなかの出来…

いままで部屋の中では塗装できなかったから重宝しますよこれは!

 

次回はさっそくこいつを有効活用してブログを更新できるようにしたいです!ではまた!