読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部長の実験室

作ってみた系の記事を多く書いてます!ゆっくりしていってね!

ダンボールでスマホVRゴーグル作ってみた!

みなさん!どうもお久しぶりです!アトラク=ナクアです!

今回は記事の前に一つだけ私情を。

 

大学合格しました!!!!!!

 

これで私も来年の4月から晴れて大学生のお兄ちゃんになるわけです。ぐへへへげへへ

さて本題に参りましょう。

 

 

最近何かと話題になってますよね、VR(ヴァーチャルリアル)。

PSVRだったりスマホゲーがVRに手をだしてオルタナティブガールズとかいうVR対応ゲームが出たり。(ちなみに私も大学でVRとかそっち系も学ぶ予定)

 

ただ、ああいうのってVRゴーグル自体高いし手が出せなかったりしますよね。

スマホVR用の安いものも販売はされていますがやはり3,4千はします。(↓こういうやつ)


段ボール製のも売ってますが私は金欠です。なのでその辺に転がってる段ボールでタダで作ろうと思います。

 

では早速。

まずはじめにすることは、あなたの使っているスマホの大きさをはかることです。

 

なお、私はiphone SE (5Sも同じサイズ)を基準にこの記事を書き進めますので、寸法は各自でお願いします。多少サイズが前後しても大丈夫なようには書いていきますが一応。

 

まず、段ボールを次の図のように切っていきます。

 

 青線のところは切ります。

それと段ボールの厚さ3mmあるので組み立てる中でずれていったら3㎜ずつずらしてください。作り始めに厚さのこと忘れて作業していったのでちょいちょい修正してますが。厚紙なら問題ないです。

 

f:id:atosha:20161023122038j:plain

 

f:id:atosha:20161023122725j:plain

 次に、最初に切り出したパーツを次の図の赤い線の部分をすべて山折りにしていきます。カッターで浅く溝を付けるときれいに折れます。

 

f:id:atosha:20161023123142j:plain

 そしたら組み立てるとこのようになるので、

f:id:atosha:20161023123204j:plain

上下の溝に先ほど作った小さいパーツをはめ込んでまず1部完成。↓

f:id:atosha:20161023123213j:plain

次に、今作った部分をはめ込むためのスコープを作ります。少し大きめに作るとして、次のように切り出していきます。

 

f:id:atosha:20161023124731j:plain

 これらをこのようにおり、箱にします。それとこの時点で穴をあけ忘れていたので、上下に2つづつ穴20mm*3mmの穴をあけましょう。

f:id:atosha:20161023125014j:plain

f:id:atosha:20161023125030j:plain

そうしたらまた次のようなパーツを切り出し、組み立てます。

 f:id:atosha:20161023222659j:plain

f:id:atosha:20161023222715j:plain

穴の位置は自分の目の位置に合わせて切り取ってください。

f:id:atosha:20161023223026j:plain

組み立てるとこのようになりますので、あとは最初に作った部分と組み合わせてスマホをセットすれば完成です。

f:id:atosha:20161023223431j:plain

使い方は簡単。

前のパーツを取り出してふたを開け、スマホを入れて元に戻す。

f:id:atosha:20161023225401j:plain

f:id:atosha:20161023225414j:plain

f:id:atosha:20161023225421j:plain

f:id:atosha:20161023225511j:plain

イヤホン用の穴をあけておくといいかもしれません。

 

実際にVR対応アプリを入れて使ってみましたがお手製でもなかなかに遊べますね。

 

というか今回の制作めっちゃ精密にできたほうだと思うので製品みたいやな!と自画自賛しました。

ただ、その辺のダンボールを使っているので、元の箱の柄のせいでいまいち…という方は、内側を黒いスプレーで塗ってみるといいかもしれません。

 

 

それでは今回はこの辺で!ばい