部長の実験室

作ってみた系の記事を多く書いてます!ゆっくりしていってね!

レベル1にシフトしてみた!(レベル1シフト計画)

みなさんこんにちは!そしてお久しぶり!奈落の蜘蛛の邪神ことアトラク=ナクアです。

前々から更新頻度上げますとか言っておいて2か月のブランクを作るという高度な技で読者を惑わし閲覧数を稼ぐという作戦です(大嘘)

 

いやね?作ってみた系の記事になると当然作ってる間は空くわけですよ、それに作ってて失敗して期間が延びることだって((何度も

とまあいろいろありまして今度からは失敗したものも載せようと思います。

 

と、いうわけで今回の記事はしばらく前に作ったスタンガンの上位互換(?)を改良して、アニメ「とある科学の超電磁砲」に登場する御坂美琴の超能力をモデルに、

指先から放電みたいなのができたらいいなーなんて思いながら作ったのが今回の作品です。

 

じゃ逝ってみよう。

 

 

まずは手袋を用意して裏返し、配線とともにタイル用セメダインで絶縁します。

f:id:atosha:20150417225616j:plain

f:id:atosha:20150417230129j:plain

コードの先端は手袋の表側に突き出して仮止めします。

f:id:atosha:20150417230255j:plain

汚いですが裏側なのでどうとでも。

 

次に、放電を起こさせるためのスタンガンを制作します。

と言ってもスタンガンは昔作ったものから引っこ抜いた回路を使っているので今回はカットします。

詳しくは過去記事へhttp://madmlaboratory.seesaa.net/article/354181565.html

 

f:id:atosha:20150417230541j:plain

プラ版でケースを作り、回路系統を詰めていきます。

f:id:atosha:20150417234404j:plain

 

インバーターだけは別のものに交換したので小型化できました。

f:id:atosha:20150417230955j:plain

穴を明け、ネジ止めをします。

 

そして完成したものがこちら↓

f:id:atosha:20150417231014j:plain

あとは先ほどの配線をした手袋のコードをスタンガンに配線して完成です。

f:id:atosha:20150417231210j:plain

ちなみに今回はコッククロフトウォルトン回路は使用しないで作りました。

 

 

本当はもうちょっとかっこいい外見にしたかったのですがなにせ回路のボックスが予想外にでかくなってしまったので断念しました。

 

 

それと反省点。

…放電風景を撮る前に遊びすぎた。

いやー、なんかテストしてるうちに楽しくなってきちゃってずっと稼働させっぱなしにしてたのがいけなかったのか、だんだん放電間隔が短くなって最終的に動かなくなりました。

 

最初のうちは1㎝位放電できてたんだけどね…

というかウォルトン回路なしで1㎝も放電できてたのは今考えるとなぜうまくいったのか疑問もありますが……

 

写真を撮っていないことに気付いて撮ったころにはこの有様。

そもそも放電の瞬間すらとらえられませんでした。腹切り。

f:id:atosha:20150417231438j:plain

 

 

 

……とまあ、今回は過去の失敗作を記事にしましたがあなたはお気づきでしょうか。

 

今回の作品、レベル1シフト計画ですよ?

だからしょぼくてもいいんです異論は認めん。

 

ということはレベル2シフト計画もあるかもしれないということ…!

というわけで!

 

!特別企画!

シフト計画シリーズの記事をこれから随時更新していきたいと思っております!

 

もちろんほかの記事もはさんだりして更新頻度はさらに落ちるでしょうが。

とりあえずひと月に5000円の軍資金が確保できたので音ゲーに溶けなければ月イチ以上の更新ができるかもしれないのです!!

 

とまあ詳しいことはまた別の記事で!

では!